ドイツ右翼政党、コロナ規制批判 東部の州議選で第1党の可能性

有料会員記事

[PR]

 ドイツ東部で、右翼政党ドイツのための選択肢(AfD)への支持が堅調だ。新型コロナウイルス対策の規制を「政府の独裁だ」と批判する姿勢に支持が広がる。東部で6日にある州議選では初の第1党になる可能性も現実味を帯びており、9月の連邦議会選(総選挙)に向けてメルケル政権を揺さぶる構えだ。(ハレ=野島淳

この記事は有料会員記事です。残り1141文字有料会員になると続きをお読みいただけます。