「課長、違反認識の可能性」 総務省検証委「行政ゆがめられた」 外資規制

有料会員記事

[PR]

 総務省幹部らへの接待が行政に与えた影響を調べていた「情報通信行政検証委員会」(座長・吉野弦太弁護士)は4日、東北新社の接待にかかわる検証結果をまとめ、武田良太総務相に提出した。同省の対応に疑念があった東北新社外資規制違反については、同省の担当課長らが2017年8月に「認識していた可能性が高い」と…

この記事は有料会員記事です。残り1687文字有料会員になると続きをお読みいただけます。