日ロ平和条約「協議続ける」 プーチン氏、北方領土は譲らぬ姿勢

有料会員記事

[PR]

 ロシアのプーチン大統領は4日、外国メディア幹部とのオンライン会見で、日本との北方領土交渉について、ロシアが昨年7月の憲法改正で領土の割譲を禁じたことを「考慮しなければならない」と述べ、交渉で譲歩しない姿勢を改めて示した。一方で、日ロ平和条約の締結交渉は「やめるべきではない」とし、協議を続ける考えを…

この記事は有料会員記事です。残り144文字有料会員になると続きをお読みいただけます。