肺炎リスク、RSウイルス流行 今春、大阪や九州で急増

有料会員記事

[PR]

 乳幼児に重い肺炎を引き起こし、命にかかわることもある「RSウイルス」が流行している。大阪では5月末、定点医療機関あたりの報告数がこの10年で最多を記録した。昨年は流行が見られなかったが、今年は大阪や九州などで春先から報告が急増している。

 大阪府感染症情報センターによると、5月24~30日の定点あ…

この記事は有料会員記事です。残り343文字有料会員になると続きをお読みいただけます。