LGBT法案、あきらめない 新経連が声明・自民支部へ要望の動き

有料会員記事

[PR]

 LGBTなど性的少数者をめぐる「理解増進」法案について、自民党が今国会への提出見送りを決めたことに対し、法案提出を求める声が続いている。性的少数者への差別をなくす法律を――。当事者は切実な思いで訴える。

 ■五輪前、決断を

 自民党幹部が法案提出を断念する意向を示したのは5月28日。その後、様々…

この記事は有料会員記事です。残り1104文字有料会員になると続きをお読みいただけます。