(社説余滴)社会の無意識、射抜いた死 井田香奈子

有料会員記事

[PR]

 名古屋の入管施設で3月に亡くなった、スリランカ国籍のウィシュマ・サンダマリさんを偲(しの)ぶ会が5月末、東京都内であった。

 収容に終わりが見えないなか、体調が悪化し、法務・入管当局の対応に疑念が向けられた。長期収容対策として政府が出していた出入国管理法改正案は事実上、廃案になった。

 ただ同法制…

この記事は有料会員記事です。残り728文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載社説余滴

この連載の一覧を見る