(声)面接に落ちて学んだ大切なこと

有料会員記事

[PR]

 主婦 遠藤和枝(広島県 39)

 一番下の子が小学2年になり学校に慣れたのと、上の子たちの教育資金にと思い、17年ぶりに働くことを決意した。家事と両立させたくて短時間の仕事を探し、何年ぶりかの緊張を覚えて複数の面接に挑んだ。

 しかし、面接はことごとく落ちた。連絡はあるものの理由がわからず、自分が…

この記事は有料会員記事です。残り229文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載

この連載の一覧を見る