(記者解説)コロナ病床、逼迫なぜ 重症者向けが手薄、転院調整に滞り 編集委員・辻外記子

有料会員記事

[PR]

 ・新型コロナ感染症が流行し、病院のベッドが逼迫(ひっぱく)。入院できずに亡くなる人もいた

 ・ベッド総数こそ多いものの、重症者向けは少なく、医療スタッフも十分ではない

 ・医療機関が連携、役割を分担し、感染症を想定した医療体制への見直しが求められる

    ◇

 日本の病院のベッド総数は約153万…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。