パワハラ自殺、トヨタ和解 人事制度見直し 遺族と社長面会

有料会員記事

[PR]

 トヨタ自動車の男性社員(当時28)が2017年に自殺したのは上司のパワーハラスメントパワハラ)が原因として労災認定されたことをめぐり、トヨタがパワハラと死亡の因果関係を認め、遺族側と和解したことがわかった。遺族側は損害賠償や再発防止を求めており、人事制度を見直すなどとしたトヨタの姿勢を評価。訴訟…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。