「補償金」今年度は国負担 オンライン授業で小説・記事配信

有料会員記事

[PR]

 学校のオンライン授業で小説や新聞記事などの著作物を配信する際に、作家らに支払われる「補償金」が、今年度は国の負担となることが決まった。新型コロナウイルスへの対応でオンライン需要が増え、教育のDX(デジタルトランスフォーメーション=デジタル化による変革)を進めるため、政府は大学や教育委員会の負担をな…

この記事は有料会員記事です。残り675文字有料会員になると続きをお読みいただけます。