(語る 人生の贈りもの)神崎宣武:3 異端の師・宮本常一との出会い

会員記事

[PR]

 ■民俗学者・神崎宣武

 《高校進学で親元を離れた》

 昭和35(1960)年に進学校の普通科に入りましたが、嫌になって……。1年の2学期に工業高校のデザイン科に編入しました。家族はもう大騒動で。おふくろが陰で支えてくれて、師範学校時代の友達の家に下宿させてもらいました。

 《上京して武蔵野美術大…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

連載語る 人生の贈りもの

この連載の一覧を見る