(ひと)和田優斗さん 筑波大学の授業データベースの「もどき」を開発した学生

有料会員記事

[PR]

 アクセス集中でつながらず――。今春、入学した筑波大の「危機」を救って注目を浴びた。

 入学式の日に渡されたのは約7千の授業が載る分厚い「授業科目一覧」。オンラインのデータベースの方が使いやすく、閲覧が集中し、その日のうちに利用中止に。復旧予定日にも直らず、履修登録前の学生から不満があふれた。

 そ…

この記事は有料会員記事です。残り437文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら