弁護側「死刑は違憲」 青酸連続死、上告審で弁論

有料記事

[PR]

 京都、大阪、兵庫で2012~13年、遺産目的で夫や交際男性ら3人に青酸化合物入りカプセルを飲ませて殺害したなどとして一、二審が死刑とした筧(かけひ)千佐子被告(74)の上告審で、最高裁第三小法廷は8日、検察側・弁護側の意見を聞く弁論を開いた。

 上告した堀和幸弁護士らは、死刑が憲法36条の禁じる「…

この記事は有料記事です。残り270文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!