来日メディア行動、14日間GPS管理 橋本会長が表明 東京五輪

有料記事

[PR]

 東京五輪パラリンピック大会組織委員会の橋本聖子会長は8日、組織委理事会の冒頭のあいさつで、海外から来日するメディアについて、入国後、14日間は事前に登録されたところ以外に外出することがないようスマートフォンのGPS機能などで厳格に行動管理をすることや、宿泊先を組織委が監督できる施設に限定する考え…

この記事は有料記事です。残り236文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!