客足減、ローカル線はどこへ JR在来線、30年で3分の2が利用減

有料記事

[PR]

 全国のJRの在来各線(一部路線を除く)の利用状況を調べるため、輸送密度(営業距離1キロ当たりの1日平均旅客輸送人員)について、国鉄分割民営化でJRが誕生した時点と2019年度を比較したところ、3分の2に当たる路線で減少していた。JR各社への取材でわかった。

 国の統計によると、JR全体の旅客数は…

この記事は有料記事です。残り1522文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント