不在者投票1票、送り忘れ不受理 1票差決着の市議選

有料会員記事

[PR]

 6日に投開票された兵庫県尼崎市議選(定数42)で、名古屋市千種区で不在者投票された1票を同区選挙管理委員会が送り忘れ、棄権と同じ扱いになった。8日、区選管が謝罪した。

 尼崎市議選には55人が立候補。最下位当選者と次点で落選した人の得票差は1票だった。

 不在者投票は、住民票が尼崎市にあって名古屋…

この記事は有料会員記事です。残り181文字有料会員になると続きをお読みいただけます。