(語る 人生の贈りもの)神崎宣武:5 ネパール調査隊、合間の耳学問

会員記事

[PR]

 ■民俗学者・神崎宣武

 《1967年から68年にかけ、西部ネパール民族文化調査隊の隊員としてネパールに行く》

 目的は、ネパールのチベット人集落の調査でした。23歳の私は斥候役。「体力だけあればいい、頭はいらん」と宮本常一先生に送り出されました。民俗学者の田村善次郎さんを隊長に、文化人類学者の黒…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

連載語る 人生の贈りもの

この連載の一覧を見る