(時時刻刻)改憲にらみ、割れる解釈 自民、発議「環境整う」 立憲、さらなる法整備優先 改正国民投票法

有料会員記事

[PR]

 憲法改正の手続きを定める改正国民投票法が3年がかりで成立した。自民党憲法改正を発議する環境がほぼ整ったと主張するが、法成立と引き換えに立憲民主党の提案で盛り込まれた「付則」の解釈をめぐって意見は割れたままだ。国民投票時のCMなどを具体的にどう規制するか、残された難題も多い。▼1面参照

 改正法…

この記事は有料会員記事です。残り2079文字有料会員になると続きをお読みいただけます。