主要企業の55%が海外に個人データ 政府の個人情報保護委が調査

有料会員記事

[PR]

 政府の個人情報保護委員会が主要企業に海外での個人情報の取り扱い状況を尋ねた調査で、個人データを外国の第三者に移転している企業が5割超にのぼった。移転先は米国が多いが、中国などのアジア諸国や欧州にも分散している。海外への業務委託や事業展開の一環で、社員や顧客の情報を現地から見られるようにしているケー…

この記事は有料会員記事です。残り404文字有料会員になると続きをお読みいただけます。