政府、郵政株2500億円分売却 株価低迷のなか 保有割合50・7%に

有料会員記事

[PR]

 政府は11日、日本郵政の株を約2500億円分売った。売却は2017年9月以来3年9カ月ぶり。東日本大震災の復興財源として累計4兆円を確保する計画の一環だ。1株あたり平均1132円以上で売らないと財源確保は厳しくなるが、今回は200円以上低い価格で売っている。

 株は通常の市場取引では売らず、日本郵…

この記事は有料会員記事です。残り658文字有料会員になると続きをお読みいただけます。