GAFA標的、規制法案 企業分割も視野 米下院議員ら提出

有料会員記事

[PR]

 米下院の超党派議員らは11日、GAFA(ガーファ)と呼ばれる巨大IT企業への規制を強化する五つの法案を提出した。ライバル企業の買収規制を強め、自らのプラットフォームで自社製品を優遇することを禁じる。利益相反がある事業の保有を違法とする条項も含まれ、実質的に企業分割も迫る内容だ。上院での審議が関門と…

この記事は有料会員記事です。残り718文字有料会員になると続きをお読みいただけます。