(かあさんのせなか)香川愛生さん 将棋も進学も、思いを尊重

有料会員記事

[PR]

 私が将棋と出会ったのは、小学3年のときでした。友だちにルールを教えてもらい、当時住んでいたアパートの下の階のおじいちゃんに将棋を習いました。母は、将棋のことはまったく知りませんでした。

 母は1人で私を育てながら経理の仕事をしていましたが、私が東京・千駄ケ谷の将棋会館にある将棋道場に通うようになり…

この記事は有料会員記事です。残り906文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載かあさんのせなか

この連載の一覧を見る