米基地、PFOS含む水流出 県への連絡、24時間後 沖縄

有料会員記事

[PR]

 沖縄県うるま市米軍基地で10日夕、有機フッ素化合物PFOS(ピーフォス)などを含む水が基地の外に流れ出たことが、県などへの取材でわかった。PFOSは発がん性が疑われている。流出した水は最大でドラム缶12本分(約2400リットル)という。県や防衛省沖縄防衛局などは12日、日米地位協定の環境補足協定…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。