銀熊賞の濱口監督、現地で授賞式 ベルリン国際映画祭

有料会員記事

[PR]

 世界3大映画祭の一つの第71回ベルリン国際映画祭は13日夜(日本時間14日未明)、新型コロナウイルスの影響で延期していた授賞式を現地で開いた。コンペティション部門で審査員大賞(銀熊賞)を受賞した「偶然と想像」の濱口竜介監督(42)が出席し、出演者やスタッフの名前を一人ずつ読み上げ「この人たちこそが…

この記事は有料会員記事です。残り277文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら