舞台関係者も職域接種 コロナワクチン

有料会員記事

[PR]

 文化庁や日本芸術文化振興会などは、俳優や音楽家、舞台スタッフら文化芸術関係者を対象に新型コロナワクチンの職域接種を行うことを決め、14日、関係団体に通知した。

 公演を控え、集団での稽古が必要といった人が対象。国立劇場東京都千代田区)を会場に7月と8月に計2回接種する。3千人規模となる見込み…

この記事は有料会員記事です。残り90文字有料会員になると続きをお読みいただけます。