(語る 人生の贈りもの)神崎宣武:6 「お前とは仕事せん」大目玉に涙

有料会員記事

[PR]

 ■民俗学者・神崎宣武

 《ネパールでの調査から帰国してすぐの1968年、師の宮本常一が「大名の旅」をテーマに本をまとめるにあたり、西日本の宿場の本陣を歩いて原稿を書くよう命じられた》

 時間は限られていました。夏の暑い中、山陽道や山陰道の主な宿場を歩いて原稿を書き、宮本先生に渡しました。黙って活…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載語る 人生の贈りもの

この連載の一覧を見る