首相「解散、いつあっても」

有料会員記事

[PR]

 菅義偉首相は13日午後(日本時間14日未明)、訪問先の英国コーンウォールのホテルで同行記者団に対し、10月に議員任期を迎える衆院の解散・総選挙について「いつあってもおかしくない状況が続いていく」と述べた。一方で、「最優先はコロナ対策だ」とも語り、ワクチン接種の加速化など、新型コロナウイルス対応を優…

この記事は有料会員記事です。残り326文字有料会員になると続きをお読みいただけます。