慶大、34年ぶりV 野球・全日本大学選手権 13日

有料会員記事

[PR]

 第70回大会の決勝が神宮球場であり、慶大(東京六)が福井工大(北陸)を破り、34年ぶり4度目の頂点に立った。最高殊勲選手賞には先制2ランを含む3打点の慶大・正木(4年、慶応)が選ばれた。

 準決勝で勝ち越し打を打っても、この日に先制2ランを放っても表情を崩さない。そんな正木も優勝が決まると、仲間の…

この記事は有料会員記事です。残り438文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!