コロナ禍でも平均年俸維持 選手会調査、前年比0.4%減4174万円 プロ野球

有料会員記事

[PR]

 労組日本プロ野球選手会炭谷銀仁朗会長=巨人)は14日、今季の日本人選手の年俸調査結果を発表した。年俸総額は約304億7千万円で昨季からほぼ横ばいで、平均年俸は前年比0・4%減の4174万円だった。球団別ではソフトバンクが平均6932万円で2年連続トップとなった。昨季からの新型コロナの影響で各球団…

この記事は有料会員記事です。残り526文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!