全柔連のパワハラ問題で提言

有料会員記事

[PR]

 全日本柔道連盟全柔連)の幹部職員=1月に退職=がパワハラと疑われる行為を繰り返していた問題で、連盟の対応などを検証していた検討会が報告書をまとめ、14日の理事会で内容が説明された。報告書では幹部職員が降格などの懲戒処分を受けるような不祥事を起こした場合、「処分手続きに入る時点で常務理事会、理事会…

この記事は有料会員記事です。残り130文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!