栗林23戦目で黒星、無失点途切れる オリックス9―8広島 プロ野球交流戦

有料会員記事

[PR]

 広島の守護神、ドラフト1位新人・栗林(トヨタ自動車)が13日のオリックス戦で、登板23戦目にしてプロ初黒星を喫した。先頭に四球を与え、その後も敬遠を含む2四球で満塁に。最後は決勝打を右前へ運ばれ、開幕からの連続無失点は22試合で途切れた。「準備不足のような形で先頭打者にしっかり入っていけなかった…

この記事は有料会員記事です。残り17文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!