(患者を生きる:4150)読者編:2 先を考えず、今を明るく

有料会員記事

[PR]

 60代で直腸がんを患い、人工肛門(こうもん)(ストーマ)を作った男性から届いたお手紙を紹介します。

 ●ストーマ公言できる社会に

 68歳になったばかりの時、直腸がんがみつかりました。1カ月ほど前から便に血が混じっていたので近くの病院で検査したところ「すぐに総合病院へ」と言われ、着の身着のまま、入…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載患者を生きる

この連載の一覧を見る