(ひととき)あんずの木、10年経て

有料会員記事

[PR]

 「実がなってるよ」。職場の先輩の声に、沈みがちだった顔が上を向いた。

 今から10年前。職場のグループホームに、あんずの苗木を利用者さんと一緒に植えた。東日本大震災で、電気も水道も止まり余震が続く日々の中、毎日流れてくるニュースは受け入れがたいものだった。とにかく不安だった。この先の未来は。日本は…

この記事は有料会員記事です。残り522文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載ひととき

この連載の一覧を見る