土地規制法案採決、最後までドタバタ 押し切る与党、野党批判

有料会員記事

[PR]

 自衛隊基地や原子力発電所の周辺、国境離島などの土地の利用を規制する法案について、与党が15日夜、参院内閣委員会で採決に踏み切った。基地の周辺住民などの私権制限にかかわる法律にもかかわらず、調査対象や処罰対象などがあいまいなことに野党からは批判が相次いだが、与党は衆参合わせて二十数時間ほどの審議で押…

この記事は有料会員記事です。残り605文字有料会員になると続きをお読みいただけます。