重点措置、「五輪シフト」鮮明 有観客への道筋、透ける政権の思惑

有料会員記事

[PR]

 政府は新型コロナ対応の緊急事態宣言を解除し、東京や大阪で「まん延防止等重点措置」に切り替える方針だ。酒類の提供規制は当面続け、東京五輪に向けて感染が再拡大しないか見極める。イベント制限はいまの「最大5千人」を当面続ける案が有力で、有観客の五輪につなげたい考え。新たなコロナ対策は、菅政権の「五輪シフ…

この記事は有料会員記事です。残り1124文字有料会員になると続きをお読みいただけます。