(インタビュー)「やさしい日本語」考 言語学者・庵功雄さん

有料会員記事

[PR]

 市区町村のウェブページや公共施設の案内などで、平仮名ばかりの文章を見かけることがある。「やさしい日本語」というらしい。目にすると、どうも奇妙な心地がする。幼児向けの本を読んでいるような……。日本語教育を専門にしている、言語学者の庵(いおり)功雄さんに聞いた。「やさしい」のは、誰のため、何のためです…

この記事は有料会員記事です。残り4198文字有料会員になると続きをお読みいただけます。