(多事奏論)危機に弱い政府 首都直下地震では頼れるか 原真人

有料会員記事

[PR]

 コロナ禍が教えてくれたことの一つは、いざという時に国民の命を守ってくれる政府という存在の大切さだ。同時に日本政府にはその力と意志が決定的に欠けているのではないかという疑念も生んだ。

 PCR検査数も、ワクチン接種のスピードも日本は先進国で最下位。生活を脅かされている人々への現金給付の手際に至っては…

この記事は有料会員記事です。残り1411文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら