陸上イージス、実は6000億円超 防衛省、地元説明は「4500億円」 導入断念から1年

有料会員記事

[PR]

 陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(陸上イージス)の導入断念から15日で1年。断念前に防衛省が約4500億円と説明していた総コストは、計画が進んでいた場合、6千億円を大幅に超していたことが新たにわかってきた。政府関係者は「説明が不誠実と批判されても仕方ない」とし、計画中の代替艦の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。