(朝デジから)「タケヤリ広告」に反響多数 宝島社、日本のコロナ政策に警鐘

有料会員記事

[PR]

 「ワクチンもない。クスリもない。タケヤリで戦えというのか。このままじゃ、政治に殺される」。刺激的なコピーが印象的な両面見開きの全面カラー広告が朝日新聞など全国紙3紙の5月11日付朝刊に載った。出版社の宝島社が出した広告だ。目を奪われた方も多いだろう。

 宝島社は1998年から、社会に伝えたいメッセ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。