「春の祭典」、フラメンコで躍動 イスラエル・ガルバン

有料会員記事

[PR]

 身体の衝動を内側から呼び起こす1913年のストラビンスキーの傑作「春の祭典」を、スペインのフラメンコダンサー、イスラエル・ガルバンが今月、横浜と名古屋で踊る。2週間の隔離を含めて約1カ月、日本に滞在した。コロナ禍の現状への妥協ではなく、「いま、この時期にしかできない舞台」に挑む。

 どんな芸術も…

この記事は有料会員記事です。残り660文字有料会員になると続きをお読みいただけます。