(評・音楽)サーリアホ「Only the Sound Remains-余韻-」

有料会員記事

[PR]

 ■能を鏡に、霊的存在との邂逅

 ミニマルな舞台と密(ひそ)やかな音楽が紡ぐ夢幻空間。能に取材した「Only the Sound Remains-余韻-」が日本初演となった。現在、68歳のフィンランドの作曲家、カイヤ・サーリアホのオペラ4作目(6日、東京文化会館)。

 「経正」と「羽衣」による2部…

この記事は有料会員記事です。残り615文字有料会員になると続きをお読みいただけます。