(語る 人生の贈りもの)神崎宣武:9 都心の「村」、湯島天神下を調査

有料会員記事

[PR]

 ■民俗学者・神崎宣武

 《民俗学というと農山漁村でフィールドワークをするイメージが強いが、都市の中にも調査対象はある。湯島天神東京都文京区)かいわいを調べた時期があった》

 昭和54(1979)年に日本観光文化研究所の事務局長に就いてから、研究所に近い湯島天神下の盛り場に通うようになりました…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載語る 人生の贈りもの

この連載の一覧を見る