演劇のアーカイブ化、コロナで相次ぎ形に 舞台映像1300本、戯曲550本

有料会員記事

[PR]

 上演された舞台の映像や戯曲など、演劇情報のアーカイブが相次ぎ作られた。遅れていた演劇のデータベース化が、コロナ禍という思わぬ形で緒に就いた。

 早稲田大学演劇博物館(演博)は、舞台公演映像の情報検索特設サイト(JDTA)を立ち上げた。約1300本の舞台映像やチラシ、写真などが集まった。文学座が19…

この記事は有料会員記事です。残り709文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら