(大竹しのぶ まあいいか:306)生き抜こう、また会える

有料会員記事

[PR]

 なぜか無性に寂しくなった。

深夜1時。その日が誕生日の友人にお祝いのメールを打ち、眠ろうとベッドに入ったはいいものの、なかなか眠りにつくことができない。芝居で興奮している肉体と精神を、ニュートラルな状態にするにはどうしたものかと思っているうちに、私の身体を「寂しさ」が支配していくのを感じる。

 誕…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載大竹しのぶ まあいいか

この連載の一覧を見る