独禁法違反、認定せず改善促す 公取委の新制度、企業に「確約」させる例相次ぐ

有料記事

[PR]

 独占禁止法違反を認定したものではありません――。公正取引委員会が違反調査に絡み、こんな形で発表する例が相次いでいる。違反の疑いがある企業に対し、自主改善を「確約」させる新制度が使われた証しだ。問題の早期解消が狙いだが、懸念もある。

 「あくまでも違反という認定ではなく、『違反の疑い』という認定で…

この記事は有料記事です。残り1419文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!