京都賞に米・中・仏の3氏

有料記事

[PR]

 稲盛財団は18日、科学や文明の発展に貢献した人に贈る第36回京都賞に、たんぱく質が合成される仕組みを解明した米ロックフェラー大のロバート・G・レーダー教授(79)ら3人を選んだと発表した。賞金は各1億円。

 基礎科学部門に選ばれたレーダー氏は、ウニを用いてDNAの情報を読み込むのに必要な酵素を発見…

この記事は有料記事です。残り115文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!