酒類提供、リバウンドを懸念 都は2人以内、知事「4人では厳しい」

有料記事

[PR]

 緊急事態宣言が解除され、重点措置に移行する東京都大阪府など7都道府県と、重点措置が継続する首都圏3県の21日以降の対策が出そろった。焦点となった飲食店の酒類提供を認める要件をめぐり、多くの府県が政府方針の「原則4人以内」に準じる一方、東京都や大阪府は「2人以内」とより厳しい条件を課し、対応が分か…

この記事は有料記事です。残り1355文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント