夫婦別姓、23日に憲法判断 最高裁

有料記事

[PR]

 夫婦別姓を認めない民法と戸籍法の規定は憲法に違反すると訴えた3件の家事審判で、最高裁大法廷(裁判長・大谷直人長官)は23日に決定を出すことを決めた。大法廷は2015年に民法の規定を「合憲」と判断しているが、社会情勢の変化を踏まえて改めて憲法判断を示すとみられる。

 申立人は、東京都内に住む事実婚の…

この記事は有料記事です。残り432文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント