喜田、初日トップ 新体操・五輪代表選考会

有料会員記事

[PR]

 新体操個人総合の東京五輪代表選考会第1日は19日、群馬・高崎アリーナで行われ、初日は喜田純鈴(エンジェルRG・カガワ日中)が4種目合計97・350点でトップだった。大岩千未来が0・4点差の2位で、五輪2大会連続出場を目指す皆川夏穂(ともにイオン)はボールなどでのミスが響き、90・750点の3位。日…

この記事は有料会員記事です。残り36文字有料会員になると続きをお読みいただけます。