ラグビー協会の女性理事4割

[PR]

 日本ラグビー協会は19日の理事会で7人の女性理事の新任などを決め、女性理事の割合が4割となった。一方、新リーグの審査委員長を務める谷口真由美氏や協会初の女性理事となった稲沢裕子氏ら6人が退任。森重隆会長、岩渕健輔専務理事は再任し、新たに浅見敬子理事が副会長に就いた。